功名が辻感想ログ

第27回「落城の母娘」

功名が辻「落城の母娘」の感想です。見てから時間が空いてしまったので、再放送を見て改めて書きました。

前回に続いてまた主要キャラが、戦国の世を去りました。
大地真央さん演じるお市が、勝家とともに最期を迎えました。
甥っ子がまんまと秀吉の作戦にはまってしまい、後がなくなった勝家。市をその娘達とともに秀吉に渡すつもりだったようですが、ともに生きともに死ぬるのが夫婦と訴える市に、感極まった様子。
市が勝家に嫁いだのは、秀吉の天下を許さないという気持ちからでしたが、静かな生活の中で愛を育んでいたんですね。
勝家は市が自分に嫁いだ理由をもちろん知っていたわけですから、そこまで自分を想ってくれるとは、思わなかったんでしょうね。
お市さま、最期まで毅然として美しかったです。

市の娘の茶々は生き残り、後世に影響を与えますが、秀吉への憎しみはお市さま以上に濃いように見えました^^;
汚らわしい、近寄るなと、憎しみの感情を隠そうともしない様子。
茶々に呼び出された千代は、秀吉を陥れる協力をしろと言われますが、当然そんなことはできないと断わります。千代だって困ってしまいますよね…。二度の落城を生き延びたお命を大切に、と言う千代に「説教する気か」と茶々。これからどんな風にその憎しみを秀吉にぶつけていくんでしょうか。
ねねとのぶつかり合いも描かれるのでしょうから、その辺りも見所ですね。

それにしても、今回は一豊様にハラハラしました。
突然登場した、秀吉子飼いの血気盛んな若武者たち。後の七本槍だそうですね。
私はどうすればと問うと、秀吉に「一豊、いたのか」なんて言われていましたね^^;
秀吉の傍らにいた石田三成と目が合うと、何を考えているのか分からない表情。(馬鹿にしているようにさえ見えました)
おまけに、(七本槍に)負けていられないと戦場に飛び出せば足を痛めてしまったり、若いように見えて一豊様、年なんでしょうか?焦ったというのもあるでしょうが、ハラハラしました^^;
老黄忠でいて欲しいと思いつつ、一豊だけでなく武で生きてきたような武将は力が衰えたらどうなるんだろう?と妙な心配をしてしまいました。
来週はそんな状況に追い討ちをかけるように、「加増300石」の悪夢がやってくるようです。
穏やかな法秀尼が一豊を叱責するシーンがあるようで、見逃せません。
(記述日:2006.07.15)
電脳茶店〜楽々亭〜