功名が辻感想ログ

再放送を見て感想を書きました。少し見逃しましたが(^^;)

第36回「豊臣の子」感想です。
鶴松の死後。秀吉の朝鮮攻めが始まりました。
鶴松を失って髷を落とし、ぎょろりと空を見つめ「明国を攻める」と言い出した秀吉の様子は、とてもまともには見えませんでした。
ねねではありませんが、「気でも狂われましたか」と言いたくなります。
ただ、ねねはさすが妻というわけか、秀吉の心の奥の恐怖を感じていたようです。(秀吉がそのようなことを語っていたということもありますが)
今回の最後のほうにねねが、農民出身の秀吉は、戦が無くなったあと自分に諸侯がついてこなくなる怖れを持っている、と語っていました。
ずっと敵を作り続けなければいけない治世と言うのは、哀しいですね…。
明国出兵を喜ぶ振りをする家康は本当に一筋縄ではいきませんが、それを知って「本意でしょうか」と疑問を持つ千代も流石です。

一方、鶴松を失った茶々は、北政所の仕業だと怒りに燃え、もう一度秀吉の子を産む決意をします。
何かと言うと「三成」と頼りにする茶々。
子を産むと言ったときにも協力するよう告げていましたが、これまた二人の関係を匂わせています。
子が出来たという報せを聞いた秀吉が「間違いはないか」と官兵衛に聞いたりとか(これは単に子が出来たこと自体が本当かと聞いただけのようですが)、ますます三成との仲が怪しいように思えるものの、ないと言えばない、と片付けられるあたりが憎いです(笑)
何はともあれ子が出来、秀吉は狂喜します。
またも翻弄されるのが秀吉に関白を任されている秀次です。
家康に文武両道を褒められ持ち上げられ、鼻を高くしていたところに、再びの世継ぎ誕生で波乱の予感。
隠し切れない不安そうな表情は、見事な演技だなぁと思います。

秀吉の最愛の母なかがこの世を去り、新たな子が生まれ……どんな展開になっていくんでしょうか。
なかの亡骸の側に置かれていた、秀吉に食べさせようと思っていた茄子。
明攻めを早く止めさせたがっていたと聞き、泣きながら茄子を頬張る秀吉の様子に、幸せって何だろうと感じました。百姓をやっていた頃より、太閤まで上り詰めた時のほうが幸せだったと単純には言えませんね。
次回は太閤と関白の争いのようで…。
なんと一豊様が謀反の一員に…!?気になりますね。
(記述日:2006.09.16)
電脳茶店〜楽々亭〜