功名が辻感想ログ

功名が辻第46回「土佐二十万石」感想です。
関が原で敗れた長宗我部氏に代わり、土佐の領主となった一豊。
長宗我部盛親の重臣と一領具足(平時には農業を営み一度戦となれば具足をつけて戦う人々)は、長宗我部氏を深く信奉していたようです。
関が原で命運が分かれ、一大名から浪人となる者もいることから、何がそんなに違ったのでしょうと世の流れを嘆く千代に、「器量かのう」と自信有り気に返す一豊様に、びっくりしました(笑)今までの一豊のイメージとは違う発言ですね。さらに、土佐に入るにあたって影武者を立ててはと家臣が提案すれば、自分には今天運がついているから鉄砲の弾も避けて通る、と自信満々。
千代からその話を聞いて、「男は皆そういうもの」と大笑いするねねが面白かったです。
それでも、井伊直政のところに通い詰めアドバイスを聞く一豊様、土佐に入るには慎重な姿勢のようでした。

淀はねねの元を訪れ、家康が恩賞として与えている領地は豊臣のものだと言いますが、関が原を家臣同士の争いというのならば、家臣同士の争いに目を瞑りむしろ焚き付けたことは、秀頼の責であると言うねね。二人の対立も、このような形になってきたんですね。秀吉の正妻と側室という立場だった頃が懐かしくさえあります(^^;)ねねのほうは既に悟ったような雰囲気ですが、「家康に天下はやらない」と怒りに燃えた目をする淀は、まだまだこれからという感じです。既に淀は家康にとってかなり邪魔な存在となっているので…危うい道を突き進んでいますね。

康豊らが先に土佐入りする際、康豊は肩に銃撃を受け、長宗我部氏の家臣と一領具足は徹底的な抵抗を見せました。最早戦は避けられない状況なのでしょうか。
ついに六平太が山内家に仕えることになりましたが、六平太の零した涙が印象的でした。ずっと陰ながら山内家を助けてきた六平太。最初の頃何回か見逃していることもありよく分からないのですが、千代に見せた銃弾(?)は、千代の親の身体から取り出したもの…?
毛利にいたことも千代のため、千代が愛する者を失わないためだったのかと想像すると、涙に深い意味を感じました。

戦はしたくないと、城から見える美しい景色を眺めながら呟く一豊。目の前で千代が撃たれ、その気持ちはどう動くのでしょうか。
(記述日:2006.11.22)
電脳茶店〜楽々亭〜